<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 命のやすらぎ | main | 受難節に寄せて >>
キリストの再臨

 あと一か月待てば桜の花が咲く時期になるのだろうなと思うこの頃です。時の流れは遅いようであり、また早いようでもあります。しかし神の定められた天の法則、地の法則に従って止まることはありません。世が明けて朝になる事に何の疑問も持たない人はおそらくいるはずはありません。しかし、この事は神が定められた恵みです。この恵みは日々繰り返されるのです。

 時は巡り巡って、今年も紅梅が花を咲かせてくれました。いつも通る道の傍らにある紅梅なのに、今日まで気が付きませんでした。未だこの寒さの中にあっても春の足音は確実に近くにまで忍び寄っているのです。僕が待ちに待った春の訪れの一歩です。

 

 神は誓われたことを必ず果たされます。それは聖書が教えています。夜となり朝となるもの天地創造の時から変わることのないことです。これも神が制定されたものです。僕は創造主である神を全く信頼し、約束されたイエス・キリストがもう一度、この世に来て下さる日を日毎に祈り待ち望んでいます。復活の後、イエス・キリストは「私は再び来る。」と言われ天に昇られました。今は神の右に座しておられるのです。

 

 

 その日がいつになるのかは誰もわかりません。その日は盗人が来るようにやって来ると聖書は教えています。イエス・キリストが天に昇られてから、既に2000年の時を経ました。

当時の人々は、イエス・キリストが再び来て下さる日が、今にも起こると考えていたのです。2000年の時の流れは、遅いと言えば確かに遅いものです。しかし僕たちは、イエス・キリストが再び来てくれる日一番近い日を生きているのです。もしかしたら明日にも起こるかもしれないのです。その日を念頭に置きながら、愚かな者とは言われない生活を営んで行きたいと思います。

 

「 主は、号令と、御使いのかしらの声と、 神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。」<テサロニケの信徒への手紙4章16〜17節>

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/398
トラックバック