<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 貧乏くじ | main | 食の恵み >>
沈黙の神

 昨日は初夏を思わせるような日和でした。この時期になると同門下の生け花を習っている方が蕨採りに訪ねて来てくれます。もう10年ほどの年中行事のひとつになっています。

この方とのお付き合いは、僕が名古屋で生け花を習い始めたことからのことでかれこれ30年ほどになります。おおよそ僕の母親ほどのお年ですが、同じ趣味を通しての交わりは心の内に穏やかな気分を醸し出します。

 僕が幼いころは、蕨は我が家の現金収入のひとつでした。5月の連休になると母は、朝早くから僕を連れて、蕨採りに出かけました。当時、蕨一束で20円から30円で売ることが出来たと思います。

 

 気象の変異のせいか蕨の出る時期が早くなり、芽を出すとすぐに葉を広げてしまってきているのを身を以って感じている僕です。自然は僕たちに様々なことを教えてくれます。今年はいつもの年と違うと思うことが数多くあるのです。それをないがしろにしていると自然は人に対して牙をむくことになる事だと思うのです。神が定められた地の法則が人によって歪められていると言う事です。先日には、クビアカカミキリムシが桜の木を食害し枯死させてしまう現実があることをTVで知りました。クビアカカミキリムシは中国に生息する昆虫で、中国からの輸入品に付着して国内に侵入したようです。これは日本だけの問題ではないそうです。また園芸種が野生化し、在来の植物を侵してしまっていることをも知りました。

 

 

 僕の住んでいる地域を見ても、昔いくらもあった植物が無くなったものも少なくはありません。昆虫にしてもそうです。今からでも決して遅くはありません。かつての状態に少しでも復古させることは出来るはずです。神から地を委ねられた人間は、その責任を負うべきだと思います。人がどうあるべきか、今も活きて働かれる神は、昼は物言わず夜は語らず人が何をなすかを沈黙のうちに見ておられるのです。

 

 人に害が及んでから対策を取るのでは遅すぎるのです。かつて3大公害と言われた公害は、その象徴です。神がご自身の像に似せて造られた人は、神の教えに立ち返らなければなりません。そこには、僕たちのとって忍耐のいることも数多くあると思います。その忍耐も次の世代に、この地を本来あるべき形に引き継ぐ責任なのです。

 

聖書の言葉

 動いている命のあるものは、すべてあなたたちの食糧とするがよい。私はこれらすべてのものを、青草と同じようにあなたたちに与える。<創世記93

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/407
トラックバック