<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 共に歩まれるイエス | main | 27年目のアマリリス >>
幼児虐待に思う

 僕が幼いころは、どこの家でも3月にはカラスミを作り、6月にはホウバモチを作るのが習慣のようでした。季節のお菓子です。僕はそれを楽しみにしていました。既製品が出回るようになったのはいつの頃からかは分かりませんが、そんなころからか我が家でもその習慣は途絶えました。僕たちに食べさせようと手間暇かけて作る母の姿が今でも目に浮かびます。僕は子供を持ったことはありませんが、母の姿を顧みる時、親が子を思う心には何にも比べ難いものがあります。僕たち兄妹は、母から人としての生き方をこんこんと説かれて育った思いがあります。それだけ母に愛されていたのだと思うのです。今は亡き母に感謝を捧げます。

 

 

 昨日も、一昨日も親による幼児虐待のニュースが耳に入ってきました。一件は生後3か月の子供への虐待でした。理由は泣き止まないのに腹を立てたと言うのです。その女性は、母親に子供の様子がおかしいと連絡し、病院へ連れて行き、診察した医師から警察に虐待の恐れがあると通報され、事件が発覚したのでした。病院では「ソファーから落ちた。」と説明したとことでしたが、医師が診察すれば判るのです。昨今は、幼児虐待の話題が絶えない時代となりました。虐待によって、死亡する子供も珍しくはありません。親から虐待を受けた者は、その子供に虐待を繰り返すと言う報告もあります。結婚をしたら、先ず、親となる心得を習得しなければなりません。愛されるべき子供が、その親によって命を奪われるようなことはあってはならないのです。子供が親の愛を受けて、その命を育まれる環境を整えなければならないと僕は考えます。

 

聖書の言葉

妻たる者よ、夫に仕えなさい。それが、主にある者にふさわしいことである。 夫たる者よ、妻を愛しなさい。つらくあたってはいけない。 子たる者よ。何事についても両親に従いなさい。これが主に喜ばれることである。 父たる者よ、子供をいらだたせてはいけない。心がいじけるかも知れないから。僕たる者よ、何事についても、肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとして、目先だけの勤めをするのではなく、真心をこめて主を恐れつつ、従いなさい。 何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心から働きなさい。あなたがたが知っているとおり、あなたがたは御国をつぐことを、報いとして主から受けるであろう。あなたがたは、主キリストに仕えているのである。<コロサイの信徒への手紙31824

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/411
トラックバック