<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 敵を愛する。 | main | 13年目のブドウ >>
人歩き

 僕が今、気がかりなのは、畑の作物の生育がいつになく悪いことです。元気がいいのは、ジャガイモとトウモロコシだけです。気象がいつもと違うせいだと思っています。仕事から帰ると先ずすることは、畑に水を撒くことです。梅雨に入ったとはいえ、今のところ空梅雨状況、また5月の降水量も例年の半分以下と言われています。来週からは梅雨らしい日が続くようになるとの天気予報でした。雨が待ち遠しい気分です。

 そんな中で、今年2回目のトウモロコシの種を蒔きました。驚くことに種を蒔いてから、1週間もたたないうちに発芽しました。植物の発芽に必要な物は、温度と水分であると思います。今、2センチほどに育ったトウモロコシを見ながら、生命の不思議さを感じています。1センチにも満たない種から芽が出て、やがては1メートルほどに育ち多くの実をつけるのです。神が定められた自然の摂理です。

 

 

 僕たちは、神を忘れ疎かにし、独り歩きを始めた時から神の定められた摂理に反した生き方をしています。それがもたらしたものは、環境破壊と異常気象であると僕は考えています。生きて行く上での便利さ、快適さを否定するつもりはありません。事実僕もその恩恵に与っているからです。人の欲は留まるところを知りません。今から後の世は、もっと変わってゆくと思います。その中で神に帰れと言う人々が立ち上がるでしょうか。過去も未来も台頭するのは、自己中心で力を持った者、僕のような弱い者は、それに対して否とは言えないのです。

 たった一粒のトウモロコシの種が多くの実を結ぶように、たった一人の人によってこの世が救われました。イエス・キリストです。イエス・キリストは再びこの世に来ると宣言されました。僕はその日を待ちに待っています。

 

聖書の言葉

 一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。<ヨハネによる福音書1224

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/415
トラックバック