<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 主イエスを信じなさい。 | main | 人生の拠り所 >>
キリストは私たちの平和

 梅雨明けの後の方が梅雨らしい毎日の当地です。7月も残すところ2日。今月は何をして過ごしてきたのだろうと顧みても特に何と言ったことなく、平凡な日々の連続でした。そんな平凡な僕の生活の裏では、世の中は大きく動いています。その世の流れに敏感になって思いを巡らし、今の世を考えてみるのが自らの成長につながるものだと思います。

 昨晩は、北朝鮮がまたミサイルを発射したと報道されていました。我が国にとって脅威的な事件です。しかし、北朝鮮の挑発に乗ると更に恐ろしいことが起こる可能性が多分いあります。ですから我が国もアメリカも慎重な対応が求められるのではないでしょうか。

  国の防衛は、なくてはならないものです。僕の従弟の一人も海上自衛官として、国家のために働いています。防衛は大切な国家事業ですが、それに費やす費用は決して安くはありません。かつて新聞のコラムに、“アメリカには3兆円あげた。国民には税金をあげた。”と言う記事がありました。確かに我が国の防衛は、アメリカ無しには考えられません。そのために、沖縄が犠牲をはらって我が国の防衛のために不憫な思いをしても良いと言う事はないと思います。同じく新聞記事に我が国のことを、“アメリカ合衆国日本州”と記された記事がありましたが、わからないでもありません。

 

 

 平和な世界の実現は、困難極まりないと思います。世界を見渡しても、IS,パレスチナ問題、北朝鮮問題などのほか内戦。世は病んでいます。神はそのようなために人を創造されたのでしょうか。決してそのようなことはありません。神のかたちに似せて良きものとして創造されました。しかし人は、生まれながらに神と隣人とを憎む傾向にあるとハイデルベルグ信仰問答は教えています。       8月は我が国にとって重要な月です。敗戦によって天地がひっくり返るほどの価値観の逆転劇が起こった月です。そしてこの時こそ、平和を真剣に考えなければならない月です。戦没者の慰霊も大切なことではありますが、それ以上に平和を考えることが重要なのです。昭和20815日、日本は敗戦しました。現代の日本を見る時、国内には様々な問題があるにしても、僕は敗戦でよかったのではないかと思います。あの時、戦勝国となっていたらどうなっていたことでしょうか。

 

聖書の言葉

 キリストは私たちの平和であって、二つのものを一つにし、敵意という隔ての中垣を取り除き、ご自分の肉によって、 数々の規定から成っている戒めの律法を廃棄したのである。 それは、彼にあって、二つのものをひとりの新しい人に造りかえて平和をきたらせ、十字架によって、二つのものを一つのからだとして神と和解させ、敵意を十字架にかけて滅ぼしてしまったのである。 それから彼は、こられた上で、遠く離れているあなたがたに平和を宣べ伝え、また近くにいる者たちにも平和を宣べ伝えられたのである。<エフェソの信徒への手紙21417

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/420
トラックバック