<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 立ち返れ | main | 愛の光 >>
父なる神

 早や10月の声を聞く時期になりました。僕の家の庭先にある柿の木の実は今が食べごろです。僕の曾祖母が嫁入りしたころからあった木と言うので、樹齢は200年ほどになると思います。木は何も語りませんが、春も秋も、夏も冬も僕の家を、そして僕たち家族を見てきた木です。僕の死後も生きながらえる木であると思います。おそらく僕の先祖が幼木を植えたものであると思います。木の生きてきた歴史の中には、明治維新もありました。戦争もありました。この木の持つ悠久の歴史の中にとても力強いものを感じます。

 

 聖書の中に出てくる木と言えば、イチジクがあります。エデンの園でアダムとエバがヘビに誘惑されて禁断の木の実を食べたため、自分たちが裸であることに気が付き、イチジクの葉で腰を覆ったと言う創世記の記事は有名な話です。ここで人類の始祖であるアダムとエバには、自我が芽生えたのです。自我とは罪の始まりです。このことにより人類はすべて罪に定められることになりました。罪とは神から離れた状態です。神に背くことです。しかし神は、この愚かな罪深い僕たちをも、神に立ち返ることを無条件で赦されます。それは、僕たちは神によって造られたものだからです。神ご自身が造られたものを、神は罪あるままにしてはおかれません。ここに神の一方ならぬ愛があります。自らの罪を悔い改め、神に立ち返る者を神はそのまま受け入れてくださるのです。神の愛はかえりみを望まれません。そして、神の前に何の功績もない僕たちを受け入れ神の子としてくださいました。この世の中にこれ以上の幸いはあるでしょうか。僕たちの信じる神は、今も活きて働かれます。この神は僕たちを子よと呼び、僕たちは父よと応えるのです。神の名を讃える声が全世界に開かれますように。

 

 

書の言葉

 人と妻は二人とも裸であったが、恥ずかしがりはしなかった。主なる神が造られた野の生き物のうちで、最も賢いのは蛇であった。蛇は女に言った。「園のどの木からも食べてはいけない、などと神は言われたのか。」女は蛇に答えた。「わたしたちは園の木の果実を食べてもよいのです。でも、園の中央に生えている木の果実だけは、食べてはいけない、触れてもいけない、死んではいけないから、と神様はおっしゃいました。」蛇は女に言った。「決して死ぬことはない。それを食べると、目が開け、神のように善悪を知るものとなることを神はご存じなのだ。」女が見ると、その木はいかにもおいしそうで、目を引き付け、賢くなるように唆していた。女は実を取って食べ、一緒にいた男にも渡したので、彼も食べた。二人の目は開け、自分たちが裸であることを知り、二人はイチジクの葉をつづり合わせ、腰を覆うものとした。その日、風の吹くころ、主なる神が園の中を歩く音が聞こえてきた。アダムと女が、主なる神の顔を避けて、園の木の間に隠れると、主なる神はアダムを呼ばれた。「どこにいるのか。」彼は答えた。「あなたの足音が園の中に聞こえたので、恐ろしくなり、隠れております。わたしは裸ですから。」神は言われた。「お前が裸であることを誰が告げたのか。取って食べるなと命じた木から食べたのか。」アダムは答えた。「あなたがわたしと共にいるようにしてくださった女が、木から取って与えたので、食べました。」主なる神は女に向かって言われた。「何ということをしたのか。」女は答えた。「蛇がだましたので、食べてしまいました。」主なる神は、蛇に向かって言われた。「このようなことをしたお前は、あらゆる家畜、あらゆる野の獣の中で呪われるものとなった。お前は、生涯這いまわり、塵を食らう。<創世記3114

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/429
トラックバック