<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 友と呼ばれ | main | 神の言葉 >>
神の愛

 立冬を過ぎ、晩秋から初冬へと季節は移りゆきます。これから年末にかけては慌ただしい日々が続きそうです。と言っても僕自身が慌ただしいのではなく、世間の慌ただしさに乗せられてしまう僕であるのです。今年一年の締めくくりの時期です。その中で神の恵みに感謝を捧げつつ身を制して、為すべきことのみに精進したいと思います。

 

 一般の新年を迎える前に、教会はクリスマスの4週間前から新年に入ります。教会暦では、待降節あるいは降臨節と言います。クリスマスを迎える準備の期間です。一般的にはクリスマスは、1225日だけのことと思われがちですが、16日までがクリスマスの期間です。イエス・キリストが、1225日に生まれたと言うことは聖書66巻のどこにも記されていません。古くからの教会の伝統に従って、1225日をクリスマスと定め祝うのが教会です。

 

 

 イエス・キリストは、僕たち罪人の罪を贖うためにこの世に遣わされました。すべての生涯を人の為に費やし、何一つ自分の為になることは為さらなかったのです。人に仕える人であり、神の独り子でありました。その人生の行き着くところは、神の独り子でありながらも、華々しいものではなく、煌びやかなものでもなく、恥辱に満ちた十字架での死であったのです。このことによって僕たちの罪は赦されました。神がイエスをこの世に遣わされたのは、人を裁くためではなく、誰一人として滅びることなく永遠の命を得させるためであったのです。ここに神の人に対する大きな愛があります。

 しかし僕たちは、この神の愛を忘れ、イエスの十字架の死を忘れ、今もなお罪を重ねています。罪とは、神に背を向けることです。今年もクリスマスを機に、神の恵みと大いなる愛を覚えつつ、僕たちは何をなして神に報いたらよいかを考えたいと思います。

 

聖書の言葉

「神は、その独り子をお与えになったほどに世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」<マタイによる福音書316

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/435
トラックバック