<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 神の言葉 | main | アドベント >>
教会の新年・降臨節

 昨日ふと恵那山を見上げると、頂上に冠雪がありました。木曽駒ケ岳も真っ白でした。いよいよ本格的な冬の訪れかと思ったのでした。季節が先走りしているように思います。天気予報を恨めしく思うこの頃の僕の心境です。季節も先走り、ホームセンターに行けば、早くも鏡餅、しめ飾りが売られています。年の瀬が近いことを思い知らされました。

 先走りと言えば、教会暦は、一足早く123日の降臨節第一主日から新年が始まります。教会は、クリスマスの4週間前の日曜日から新年となります。ですから年によって新年の始まる日が異なるのです。因みに明日の教会暦は、終末主日です。降臨節は、クリスマスへの準備の期間と言っても良いと思います。救い主、イエス・キリストの降誕を喜びの心を以て待ち望む期間です。

 イエス・キリストは、強者の権力を無力にする為に、知者の知恵を辱める為に、この世に生まれました。イエス・キリストの誕生の知らせを真っ先に知らされたのは、当時忌嫌われていた職業である羊飼いたちでした。このように、イエス・キリストは、世の中の端に隠れるようにして暮らしている人々、虐げられた人々、悩み苦しみの内にある人々に喜びをもたらすために生まれたのです。まさに、これらの人々が待ち望んでいた救世主の誕生であったのです。僕たちの信じる神は、高ぶる者を退け、謙る者に恵みを給う神です。真のクリスマス、真の救い主を知るため、教会にお出かけください。

 

 

聖書の言葉

マリアの賛歌

そこで、マリアは言った。
 「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます。身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう。力ある方が、わたしに偉大なことをなさいましたから。その御名は尊く、その憐れみは代々に限りなく、主を畏れる者に及びます。主はその腕で力を振るい、思い上がる者を打ち散らし、権力ある者をその座から引き降ろし、身分の低い者を高く上げ、飢えた人を良い物で満たし、富める者を空腹のまま追い返されます。その僕イスラエルを受け入れて、憐れみをお忘れになりません。わたしたちの先祖におっしゃったとおり、アブラハムとその子孫に対してとこしえに。」<ルカによる福音書14655

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/437
トラックバック