<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< アドベント | main | 神の中の神 >>
まことの光

 今週は、アドベントクランツの第一のロウソクに火が灯りました。静かに揺らめく炎の中に何か心温まるものを感じました。明日は第二のロウソクに火が灯ります。ロウソクが放つ光が更に明るさを増します。毎日の様に暗いニュースの連続の日々の中で、この時だけは世間の荒波から解き放たれて、心の内に平安が与えられるようです。イエスは、「私は世の光である。」と言われました。クリスマスまで週ごとに光を増してゆくアドベントクランツは、まさにイエスの降誕を予兆しているかの様に思えます。

 今年もすでにロウバイの花が咲き始め、木曽駒ケ岳に雪を頂きました。いよいよ本格的な冬の到来かと感じます。今年も残り少なくなって、クリスマスそして新年を迎える準備をしなければならない時期になってきました。時代とともに、そのあり方も変遷し、あるいは簡略化されてきていますが、日本人として、せめてその意味だけは覚えておきたいと思います。

 

 

 

聖書の言葉

 ここにひとりの人があって、神からつかわされていた。その名をヨハネと言った。この人はあかしのためにきた。光についてあかしをし、彼によってすべての人が信じるためである。 彼は光ではなく、ただ、光についてあかしをするためにきたのである。すべての人を照すまことの光があって、世にきた。彼は世にいた。そして、世は彼によってできたのであるが、世は彼を知らずにいた。 彼は自分のところにきたのに、自分の民は彼を受けいれなかった。<ヨハネによる福音書1511

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/439
トラックバック