<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< キリストの受難 | main | 欲の果て >>
復活祭に寄せて

 この暖かさの中で、当地でもサクラの花が見ごろとなりました。ウメの花も満開です。

モクレン、コブシ、レンギョウなど春の花が咲き乱れているこの頃です。地に命があふれる時期になりました。41日の日曜日は、イエス・キリストの復活を記念する復活祭です。

今年になぞらえれば、イエスは330日に十字架にかけられ、3日後の41日に復活されたのです。わかりやすく言えば、死から甦られたのです。その3日間をどのようにされていたかと言うと、トマスによる福音書によると、イエスより先に死んだ者たちに福音を伝えるため、陰府に降ったと記されています。イエスの福音は、全人類に及んだのです。クリスマスに比べると復活祭は、日本人の心には印象が薄いと思います。しかし、イエスの復活がなかったら、今のキリスト教はあり得ません。キリスト教は、復活信仰です。

 

 

 

日本人は他の宗教を受け入れることが好きなのか、世の商戦に乗るのが好きなのか、最近では、ハロウィンや復活祭など、意味が分からなくても楽しければ良いと言う感覚と僕は捉えているのですが、商戦に使われています。世界的行事を逆手にとって、無意味に楽しむと言う姿を僕は冷たい視線で見つめています。この後、キリスト教では聖霊降臨祭があります。

そこまでは商戦に乗せることはないだろうと思っています。

 

聖書の言葉

さて、安息日が終わって、週の初めの日の明け方に、マグダラのマリアともう一人のマリアが、墓を見に行った。すると、大きな地震が起こった。主の天使が天から降って近寄り、石をわきへ転がし、その上に座ったのである。その姿は稲妻のように輝き、衣は雪のように白かった。番兵たちは、恐ろしさのあまり震え上がり、死人のようになった。天使は婦人たちに言った。「恐れることはない。十字架につけられたイエスを捜しているのだろうが、あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。それから、急いで行って弟子たちにこう告げなさい。『あの方は死者の中から復活された。そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれる。そこでお目にかかれる。』確かに、あなたがたに伝えました。」婦人たちは、恐れながらも大いに喜び、急いで墓を立ち去り、弟子たちに知らせるために走って行った。すると、イエスが行く手に立っていて、「おはよう」と言われたので、婦人たちは近寄り、イエスの足を抱き、その前にひれ伏した。イエスは言われた。「恐れることはない。行って、わたしの兄弟たちにガリラヤへ行くように言いなさい。そこでわたしに会うことになる。」<マタイによる福音書28110

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/455
トラックバック