<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 欲の果て | main | 穴の開いたバケツ >>
主の祈り

 今年は早くから暖かくなった影響が、多分に生態系に影響を与えていると思います。早くもワラビが出始め、既に葉が広がってしまっているものが殆どです。毎年ワラビ取りに来られる方に、今年はワラビの出るのが早いので、いつもの年より早く来られるように伝えました。今週末は雨模様です。いつものように畑仕事を始めた僕にとっては、恵みの雨です。今年は、何を作ろうかと思いつつ、ホームセンターの野菜の苗を見ています。必ず毎年作付けするのがスイカです。昨年は不作でした。今年は、植え付けのタイミングを逃さないようにと、捕らぬ狸の皮算用をしています。

 

 

 神は、僕たちに日ごとの糧を与えてくださいます。毎日食事に事欠かないことが値前の様に思っていますが、これは、この上ない神の恵みです。世界を見渡せば、飢餓に喘ぐ人々が多くいるのです。明日の命をつなぐことが出来るかどうかの瀬戸際にある人々がいるのです。豊かに見えるこの国の中にも、そのような現実があるのです。僕たちは、日ごとの糧と命を与えて下さる神に感謝を捧げなければなりません。日ごとの糧は、食物だけのことではありません。食物によってお腹を満たすように、神の言葉によって心をも満たさなければなりません。お腹が満たされても、心が荒んでいたら決して健全とは言えません。ですから僕たちは、「天にまします、われらの父よ。」と祈るのです。

 

聖書の言葉

あなたは祈る時、自分の部屋に入り、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい。すると、隠れた事を見ておられるあなたの父は、報いてくださるであろう。また、祈る場合、異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉数が多ければ、聞きいれられるものと思っている。だから、彼らのまねをするな。あなたがたの父なる神は、求めない先から、あなたがたに必要なものはご存知なのである。だから、あなたがたはこう祈りなさい。

天にいますわれらの父よ、 御名があがめられますように。 御国がきますように。 みこころが天に行われるとおり、 地にも行われますように。 わたしたちの日ごとの食物を、 きょうもお与えください。 わたしたちに負債のある者をゆるしましたように、 わたしたちの負債をもおゆるしください。 わたしたちを試みに会わせないで、 悪しき者からお救いください。<マタイによる福音書6613

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/457
トラックバック