<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 礼拝説教予告 | main | ノアの箱舟 >>
恵みを給う日々

 光陰矢の如し、早や今年も半年が過ぎました。関東甲信越では梅雨明け。いよいよ夏本番の訪れです。日没が随分遅くなったので、夕方、帰宅後には縁側のベンチに腰を掛けて、何と言って考えることもなく、庭先に咲いた花を心ゆくまで見るのがこの頃の日課になっている僕です。今日も無事に終わり家路に着くことが出来たことへの感謝を捧げています。これが当たり前と言えばそれまでの話ですが、僕は深い神の恵みと守りがあることを感じています。いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさいと聖書は教えています。ごく普通に考えれば、いつも喜んでいられるはずはあり得ません。この思いは、自らの表面的なことだけを見ているからです。仕事に追われ、この暑い中で一日働いて、その上疲れて、このようなことの繰り返しの中で、どうして喜べるのだと思うのが当然のことです。しかし、その背面にある神の御業を見る時、これらの思いは消え失せ、喜びへと変わるのです。朝日を昇らせ、新しい朝が始まります。そして一日の糧を与えられ、それによって今日の命をつなぐことが出来ます。夜は憩いの時です。神は、暗黒の夜空に星を散りばめ、僕たちに明日への希望を与えてくださいます。そして暖かな布団に身を横たえ休む時間を与えてくださるのです。この恵みに与らない人はありません。神に背を向けている人生においては、このような思いは湧き出ずることはないと思います。僕たちの人生は、常に喜びが伴うのです。喜ぶことを忘れているのです。今日も静かな夜を迎えました。今日も静寂な夜の中で、神への感謝を捧げたいと思います。明日から7月、きりがよく日曜日から始まります。明日から始まる新しい週に神の御業を受け止めながら、日々を重ねて行きたと思います。

 

 

聖書の言葉

いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。<テサロニケの信徒への手紙第一51618

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/468
トラックバック