<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 猛暑見舞い | main | 心遣い >>
霊的な糧

 この週末は、台風の動きが非常に気になります。西日本の被災された地域の方々は尚更のことだと思います。天の法則は、人知の及ぶところではありません。無事に通り過ぎてくれることを祈るばかりです。そして今や夏本番となりました。ミンミンゼミの鳴く音が暑さをかきたてているようです。僕の畑では、5月に定植したスイカが、実を着け目下成長中です。スイカがなければ夏ではないと言わんばかりの僕にとって、収穫の日が待ち遠しい思いです。昨年もスイカを栽培しましたが、生育不足で何の収穫もありませんでした。今年こそはと、思いも新たに植え付けました。植え付け初期の頃は生育が悪く、また今年も不作なのだろうかと心配していましたが、遅れながらに成長しました。畑でとれた新鮮なものを、収穫して味あうことが出来ることは最高の喜びです。食は命の原点です。僕たちが生きてゆくためには、命を温存するためには、二つのものが必要です。その一つは、目に見える糧としての食糧です。そしてもう一つは、神から与えられる霊的な糧です。このどちらも欠けては完全に生きていると言うことは出来ません。食料としての糧は、店に行き代価を支払えば自分のものとして得ることが出来ます。僕たちは、神が給う霊的な糧を求め、与えられることを祈りつつ信仰の歩みを進めてゆきたいと思います。明日からの新しい週が、祝福されますように。

 

 

 

聖書の言葉

わたしたちに必要な糧を今日与えてください。<マタイによる福音書611

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/475
トラックバック