<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 平和を思う | main | 神を仰いで生きる >>
決別

 あの酷暑は何であったろうかと思う爽やかな日で週末を迎えました。ところどころ、またこの暑さの背面では秋の気配が感じられます。夜鳴く虫の声も少しづつながら多くなってきているように思います。ぼ〜っと生きていても時は刻々と刻まれて行きます。時の変化に敏感になり、神を愛し隣人と自然を慈しみ、感性豊かに暮らしたいと思います。

 今日、818日は、飛騨川バス転落事故から50年目にあたるそうです。当時僕は7歳でした。しかし、今でもテレビニュースのこの事故の報道をよく覚えています。事故が起きた個所から少しばかり下流の国道41号線の道沿いには、天心白菊の塔と言う慰霊碑があります。当時、首相であった佐藤栄作氏の碑文が刻まれています。僕の上司であった方の友人もこの事故に巻き込まれ亡くなったそうです。上司であった方は、亡くなった友達に遊ぶ約束をしようと話をしたそうです。ところが、この旅行に行くため遊べないと言う返事があり、上司であった方は、「お前みたいな者は、死んじゃえばいいんだ!」と言ったとのこと。その後、この事故で友達は亡くなりました。現実となった自らの言葉をどれほど悔やんだか判らないと話してくれました。言葉には気を付けなければなりません。いくら腹が立つ相手であっても、めいっぱいの言葉をぶつけないに越したことはありません。それによって相手もまた逆上するに違いないからです。人との付き合いは、心穏やかに互いに尊厳を保ちつつ過ごしたいものです。

 

 

 

 この夏、僕も一人の友人を無くしました。金銭貸借が原因です。35年の付き合いに終焉が来たのでした。僕はこの問題を解決するために、友人を裁判所へ訴えたのです。これよりほか、解決の道はないと判断したからです。神学校での講義の中で、学長は常々、異性とお金にはくれぐれも気を付けるようにと繰り返し語られていました。世の中の誘惑は、やはり異性とお金ではないでしょうか。このことによって引き起こされる事件は限りのない現代です。誘惑は僕たちがその罠にはまるのを待っています。常に身を正し、神を仰ぎ見ながら人に仕える人生でありたいと思います。

 

聖書の言葉

人を裁くな。あなた方も裁かれないようにするためである。あなた方は、自分の裁く裁きで裁かれ、自分の量る秤で量り与えられる。<マタイによる福音書712

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/478
トラックバック