<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 救いあり | main | 与えられることへの感謝 >>
救い主を待ち望む

 木枯らしの風に木の葉も舞い落ち、まるで枯れ木のようになってしまった木々の山並みを眺めながら、枯れ木も山の賑わいと言う言葉を思い起こしました。しかし、落ちた葉の部分には、来春に芽吹く用意が出来ています。生命の不思議、生きていることの不思議に思いを馳せます。ひと月後にはクリスマスを迎えます。明日の日曜日が教会暦での最後の週になり、今年は122日から教会の新年である降臨節に入ります。イエス・キリストの降誕を迎えるための準備の期間です。世間はクリスマス商戦に巻き込まれ、猫も杓子もクリスマス一色に染まる時期の始まりです。教会はイエス・キリストが人類の救済のために、天の父がこの世に遣わされたことを深く心に刻み、救い主としてのイエス・キリストの降誕を祝うのです。僕のクリスマスの思い出は、僕がまだキリストを知らない幼少の頃、朝目覚めたら枕元に、お菓子の入った赤い色の紙でできた長靴が置いてありました。僕の両親は、キリスト者ではありませんが、クリスマスを知ってか子供への愛情を感じます。その頃の僕は、クリスマスが何なのか等と言うことは知らなかったと思います。ただ、お菓子を貰えたことで喜びに浸っていたと思うのです。もう50年以上も前の話です。

 

 

 晩秋と初冬の間の中で、ホームセンターには冬を彩る様々な草花の苗が売られています。冬来たりなば春遠からじと言います。今年の冬は、エルニーニョ現象の影響を受けて暖冬になるとの長期予報が出ています。しかしながら、冬の寒さが身に感じるほど暖かいことはありません。僕が一番苦手な冬の到来ですが、これも天地創造の時から定められたものです。喜びの復活祭の時期には、本格的な春になっています。その時まで、忍耐と感謝を以て過ごしてゆきたいと思います。

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。

この記事のトラックバックURL
http://taninoyuri.jugem.jp/trackback/493
トラックバック