<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

キリストの再臨

 あと一か月待てば桜の花が咲く時期になるのだろうなと思うこの頃です。時の流れは遅いようであり、また早いようでもあります。しかし神の定められた天の法則、地の法則に従って止まることはありません。世が明けて朝になる事に何の疑問も持たない人はおそらくいるはずはありません。しかし、この事は神が定められた恵みです。この恵みは日々繰り返されるのです。

 時は巡り巡って、今年も紅梅が花を咲かせてくれました。いつも通る道の傍らにある紅梅なのに、今日まで気が付きませんでした。未だこの寒さの中にあっても春の足音は確実に近くにまで忍び寄っているのです。僕が待ちに待った春の訪れの一歩です。

 

 神は誓われたことを必ず果たされます。それは聖書が教えています。夜となり朝となるもの天地創造の時から変わることのないことです。これも神が制定されたものです。僕は創造主である神を全く信頼し、約束されたイエス・キリストがもう一度、この世に来て下さる日を日毎に祈り待ち望んでいます。復活の後、イエス・キリストは「私は再び来る。」と言われ天に昇られました。今は神の右に座しておられるのです。

 

 

 その日がいつになるのかは誰もわかりません。その日は盗人が来るようにやって来ると聖書は教えています。イエス・キリストが天に昇られてから、既に2000年の時を経ました。

当時の人々は、イエス・キリストが再び来て下さる日が、今にも起こると考えていたのです。2000年の時の流れは、遅いと言えば確かに遅いものです。しかし僕たちは、イエス・キリストが再び来てくれる日一番近い日を生きているのです。もしかしたら明日にも起こるかもしれないのです。その日を念頭に置きながら、愚かな者とは言われない生活を営んで行きたいと思います。

 

「 主は、号令と、御使いのかしらの声と、 神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。」<テサロニケの信徒への手紙4章16〜17節>

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
命のやすらぎ

 イチゴ狩りに行きたいと思い立ったのが、正月のことでした。友人の娘さんに連絡を取り、日取りを決めて一昨日、イチゴ狩りに行ってきました。僕は何よりの果物好きです。特にイチゴとスイカが好きで自宅の畑でも作っています。(イチゴもスイカも、実のところ果物ではなく、野菜なのですが。)久しぶりの息抜きの一日でした。

 日々仕事に追われ、夜になれば明日の仕事のことを考えなければならない状況が続いています。今回のイチゴ狩りは、そんな自分へのご褒美としても良いだろうと自ら考えています。

 

 聖書は、明日のことを思い煩ってはいけない。明日のことは明日自身が思い悩むことだと教えています。しかし、そうも言ってはいられないのが現実で、日々平安を賜ります様にと祈るしかありません。午後五時、終業の時刻です。今日もやっと終わったと張りつめていた神経が、緊張からほぐされるひと時です。ハイデルベルグ信仰問答問1は、生きている時も死ぬ時もあなたの唯一の慰めは何ですか。と問うています。答えは、簡単に言えば、自らは主のものである。と教えています。僕はこの信仰問答の問一に、間違いなく慰めを感じ、僕は主のものなのだと言うことに確信を持ち、安らぎを覚えるのです。

 

 

 明日から始まる新しい週も主が共に歩んで下さり、この世にあっては無きにも等しいこの僕をも覚えて下さること、そして揺るがぬ平安の内においてくださることに感謝を捧げます。

 

 だから、明日のことまで思い悩むな。明日のことは明日、自らが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで十分である。<マタイによる福音書634

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
僕たちの神

 今日は建国記念の日です。僕にとってはこの言葉は、僕の頭から消え失せかけてしまっていました。思えば34年前、僕が浜松市に住んでいた時のこと、僕が通っていた教会で平和と信教の自由を守る会が開かれ出席しました。教会が会場であったことには特に意味はなく、空いている会場が、教会しかなかったからという事でした。牧師の講演でありましたが、内容は既に記憶にありません。ただ、建国記念の日は史実ではないと言う言葉だけは脳裏に焼き付いています。戦中、戦前であれば、おそらくこのことの次第を教育されたと思います。戦後、新憲法の下で、信教の自由は保障されました。時を得て、このことについて深く学んでみたいと思います。

 

 現代社会は、自由が保障された時代です。僕たちは何と素晴らしい時代を生きているのでしょうか。しかし、取り違えてはいけないことは、何をしても善いと言う事ではありません。反社会的行為は罰せられます。また個人においては、個人主義は善しとしても、利己主義は周囲に少なからず悪影響を与えるものです。個人主義は、自らの行動に責任を負わなければなりません。それに対し、利己主義は勝手気ままな行動となります。どちらも和を以って尊しとなすと言う文化の根強いわが国には、受け入れがたいものであるかもしれません。変わり者と言われるのが関の山です。

 

 

 イエス・キリストも当時のユダや社会の中では、変わり者と思われたかもしれません。このことは聖書の各所に見受けられます。このことが神を冒涜する者としてユダヤ社会の反感を買い、十字架の死に至る訳です。しかし今やキリスト教は、世界三大宗教の一つに数えられます。その経緯の中には、迫害に遭い殉教の死を遂げた人々も数知れません。今でも、クリスチャンと言う事で何かしらの差別的扱いを受けている人々も少なからずある事と思います。

 

 クリスチャンとは、神によって信仰を与えられた者です。神から与えられた信仰。これほど尊いものはないと思います。世々のクリスチャンを強く生かしめた聖霊の力強さが僕たちにも与えられますように祈ります。与えられた信仰を恥とはせず、この世の中で、そして未来への約束の中で堂々と胸をはって、神の教えに従順に従うものとなる様にと僕たちの信じる神はいつも共にいて下さるのです。

 

 わたしは福音を恥としない。それは、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、すべて信じる者に、救いを得させる神の力である。<ローマの信徒への手紙116

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
サーバントリーダー その2

 今日は立春です。この寒さの中にあっても春の一文字に心なしか温かなものを感じます。

教会歴は、明日の日曜日から受難節前に入り、受難節を経て復活祭に至ります。因みに今年の復活祭は416日です。復活祭は不定祝日で、春分の日の後の最初の満月の直後の日曜日とされています。何か奥深いものがあるように感じます。ですから春分の日の後の最初の満月がいつになるかで年毎 に復活祭の日が異なる訳です。復活祭の事に関しては、また記す機会があると思います。

 

 先週に続いて気になるのが、アメリカの今後がどうなるかと言う事です。今や大統領の一言で世界をも動かす力を持った国だからです。トランプ大統領の矢継ぎ早の大統領令の発行には驚くばかりです。反対者はあったとは言え、アメリカ国民がアメリカの将来を託して選んだ大統領です。他国民が中傷する余地などないと思うのですが、それにしても少しやり過ぎではなかろうかと思います。権力を得た者は、あたかも自分一人でその権力を勝ち得たような錯覚に陥ります。それは、トランプ大統領のみならず古今東西を通して、そのような傾向にあります。

 

 

 以前にもこのブログに記しましたが、今やトップリーダーと言う時代は終わりました。代わって登場したのがサーバントリーダーです。サーバントリーダーとは、わかりやすく言えば仲間を下支えするリーダーです。この意味でイエス・キリストはサーバントリーダーの最たるお方であったと言えます。世を愛された神がイエスを信じる者が一人として滅びることなく永遠の命を得るために神が世に遣わされた方です。僕たちは、神の前に謙ることが求められます。なぜならば神は高ぶるものを退け、謙る者に恵みを給うからです。しかし、この謙りも真心からのもの、信仰を拠り所にするものでなければなりません。

 

 アメリカがくしゃみをすれば、日本は風邪を引くと言われた時代がありました。今の時代もそうかもしれません。アメリカの出来事を他人ごとと割り切って見ているわけには行きません。わが国の政治家たちは、アメリカに遠慮することなく、言わなければならないことは、はっきりと言うべきであると思います。

 

しかし、神は、さらに豊かな恵みを与えてくださいます。ですから、こう言われています。「神は、高ぶる者を退け、へりくだる者に恵みをお授けになる。」<ヤコブの手紙46

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
誓約

 寒の内の中にあっても、今日は暖かく穏やかな日和に気分を良くした僕です。立春も間近になりました。早春賦の歌が似合う季節です。本格的に春を感じるのは、東大寺のお水取りの行事が終わった時分からでしょうか。しかしながら僕の花壇では、チューリップが芽を出しています。この寒さの中、生命力の強さに驚くばかりです。

 

 明日は岐阜県知事選挙の投票日です。僕は今日、期日前投票に行ってきました。おそらく現職の知事が第三期目を務めることとなると思います。選挙には様々なものがありますが、先般のアメリカ合衆国の大統領選挙は、結果によっては世界を動かす力を持つものです。マスコミなどでご存知の通り、トランプ氏が大統領となりました。就任直後から様々な問題を世界に向けて投げかけています。

 

今夜は、安倍総理大臣と電話会談が行われるとか。わが国とアメリカ合衆国との間には、切っても切れない関係、或いは問題があります。

わが国は独立した国家であり、アメリカ合衆国の属国ではありません。安倍総理大臣は、電話会談に積極的な姿勢を見せていますが、答えは然り,否かのどちらかであります。外国では、曖昧な答え“どちらかと言えば”と言う事は通用しません。今や日の出の勢いのトランプ大統領に安倍総理はどのような話をし、どのような返事をするかが国民の注目の的だと思います。

 

 

 アメリカ合衆国の大統領就任式で大統領は、聖書の上に手を置き誓約をします。この度のトランプ大統領は、二冊の聖書の上に手を置いていました。そのうちの一冊は、母親から貰った聖書だそうです。聖書の上に手を置き誓約することは、神の御旨に従うと言う事だと僕は理解しています。因みにキリスト教の結婚式でも、新郎新婦は聖書の上に手を置き、神の教えに従う誓約をします。

 果たして、トランプ大統領の政治に関する思惑が、神の御旨にかなうかどうか、今後の世界を動かす国の大統領としての力量があるかどうか僕は心配する気持ちの方が強いのです。聖書の上に手を置いて誓約したトランプ大統領に、神の導きがありますように祈ります。 

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
神との和解

 昨日は大寒でした。一年の内でいちばん寒い時期と言われるこの時期、この言葉を聞くだけで寒さが身に染みるように感じます。この寒さの中にあっても、息づくものが多くあります。サザンカ、ロウバイ、ビワの花が咲き誇り、この寒さを和らげてくれるようです。また、花屋の前を通ると春の花が盛りだくさん陳列されています。僕の部屋には、夏の花であるフシグロセンノウが一輪の花を咲かせています。寒さの中で心までが委縮してしまいそうなこの時期に、花があるとは嬉しいことです。しかし、時は巡りやがて春が訪れることは間違いのないことです。今は心静かに春の訪れを待ち望みたいと思います。

 

 季節の移ろいは、神が定められた天の法則、地の法則に従って巡り巡ります。これは天地創造の時から変わることのないものです。ですからどのような時をも感謝の念を以って生きてゆかなければなりません。太陽は生き物を育み、雨は田畑を潤します。雪はやがて水となり、神が造られた全てのものに命を与えます。神の創造の知恵は、僕たち人間にははかり知ることは出来ません。神は天地創造を終えられたとき、造られたものすべてを見てそれを善しとされました。造られた全てのものが神の御心にかない、完全であったのです。

 

 

 神が造られたもの全てが神の栄光を現しています。しかし、人だけが罪に染まりました。

人の心は神を離れ、独り歩きを始めたのです。その結果が、現在に至る異常気象であると僕は考えています。人は、より良きものを考案し作り出します。その心は留まるところを知りません。そう知った先人の恩恵によって、僕たちは不自由のない生活を営んでいるわけです。従って僕は、そういった科学の進歩や便利な物を否定はしません。僕自身もその恩けに与かっているからです。

 しかし、留まることを知らない人の知恵の欲望は、やがては人にとって害となり得ることあることを忘れてはならないと思います。福島の原子力発電所の事故は、その意味で僕たちに警鐘を鳴らしているのかもしれません。人が作ったものを、人が抑制できないのです。この事故によってどれだけの人が、被害を被ったことでしょうか。神との和解、神を畏れる心を回復する時期ではないのかと思うのです。

 

 更に神は言われた、「これは私と、あなたがた及びあなたがたと共にいる全ての生き物との間に代々限りなく、私が立てる契約の徴である。 すなわち、私は雲の中に、虹を置く。これが私と地との間の契約の徴となる。 私が雲を地の上に起すとき、虹は雲の中に現れる。
  こうして、私は、私とあなたがた、及びすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた契約を思いおこすゆえ、水は再び、全て肉なる者を滅ぼす洪水とはならない。
 虹が雲の中に現れるとき、私はこれを見て、神が地上にあるすべて肉なるあらゆる生き物との間に立てた永遠の契約を思いおこすであろう」。<創世記9章12〜16>

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
内なる敵

 当地ではこの冬初めての積雪となりました。今まで比較的暖かっただけに、寒さが身に沁みます。1月も半ばとなり、この寒さもあと2カ月の辛抱かと思っています。時の流れは意外に早いものです。この寒さの中にあっても庭先のロウバイやサザンカが満開となり、心を和ませてくれています。

 

 寒い時期は、どちらかと言えば家の中に閉じこもりがちになり、しなければならないこともあと送りになってしまいます。暖かいと言う事は、有り難いことだと思います。それは心の温かさについても言えることです。イエスは「自分を愛するように、あなたの隣人をも愛しなさい。」と教えられました。しかし、この言葉に従えないのが人の性分だと思います。人のことよりも自分のことを優先させるのです。正直なところ、僕もその一人に数えられます。キリストを信仰する者が、キリストの教えに従えないとは惨めなことです。

 これは人が持っている自己中心の志向と言わざるを得ません。人のことよりも、先ず自分のことを。一般的に当然と言えばそれまでの話です。一つ間違えば、偽善者とも言われかねません。イエスの教えに従うには、どうしたらよいのでしょうか。僕は思うのです。人の心の中には、人を思う温かさがあることは間違いありません。しかし、その温かさに敵対する内なる敵があるのです。この敵はとても手強いものです。イエスの教えに従おうとする心を封じ込めてしますからです。

 

 

 イエスは、僕たち罪人のために十字架にかかり、死を以って僕たちの罪の代償となってくださいました。そのことを思うとき、僕たちの心に居座る内なる敵に立ち向かう勇気が与えられるように思います。内なる敵との戦いは、困難極まりないものです。その敵に立ち向かう勇気が与えられますように祈りたいと思います。

 明日から始まるあたらしい週が、祝福の内にありますように。

 

 自分を愛するように、あなたの隣人を愛しなさい。<マタイによる福音書2239

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
光と共に

 昨日の公現日を以ってクリスマスの期間は終わりました。主の2017年を、クリスマスの光の内に穏やかに迎えることが出来たことは、僕にとって喜びであります。しかし、糸魚川市の火災や東日本大震災などの災害により、目出度いはずの新年を喜んで迎ええることが出来なかった方々には、心から気の毒なことだと思います。一刻も早い復旧を祈ります。

今年がどんな年になるのか、どんな年にしたいのかは分かりません。ただ、アメリカの新大統領が、どのような政策を打ち出すかによって世界は大きく変わると思います。就任全から極端な発言が立て続けですから、不安要素を払拭できません。ただ願うのは、安心して平安に暮らしたいと言う事だけです。

 

 

 

 世の中を見れば、事件のない日がないと言っても間違いではありません。どうして人はそんなに堕落してしまったのでしょうか。最終的に行き着く答えは、自己中心であると言う事だと思います。もちろん、僕の心の中にも自己中心的な思考がうごめいています。それを抑えることが出来るかどうかが、人生を左右する根源です。しかし、人の言う事ばかり聞いてはいられません。時には自己主張も必要です。ところが、和を以て貴しとなすと言う文化の中で育った日本人は、自己主張が苦手かもしれません。

 

 神は天地創造の最初に光を造られました。この世のものにとって欠くことのできない一番大切なものです。闇の中にさえも星を散りばめ、光とされたのです。この主の2017年の歩みが光と共にありますように祈ります。

 

 神は言われた。「光あれ。」こうして光があった。<創世記13  

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
愛する教会

 今日は、いよいよ大晦日となりました。この一年を振り返り思い起こすと、僕にとっては、教会のことを考えることで始まり、今日も教会のことを考えています。今年は久しく考え練り上げた教会を建てることが出来ました。そんなにお金がある訳ではないのに、神は、その思いを成し遂げさせてくださいました。教会建築にあたっては、多くの人の協力を得、また祈りに覚えていただきました。感謝に堪えません。

 

 その教会も未だ会員はいない状況です。神のために建てた教会は、神の御手の内にあります。独りで礼拝を捧げることは常です。そのような中にあっても、時として礼拝に訪れて下さる方があることは、僕にとって大きな支えになっています。そして地域でも教会の存在が認知されてきました。

 

 明日から始まる主の2017年をも、ひたすら神を仰ぎ、人に仕える年にしたいと思うのです。はかり知ることのできない神の意志を順境にある時も、逆境にある時も喜んで受け止めたいと思います。

 この一年の恵みに感謝を捧げつつ、平安を祈ります。

 

 

「ヤコブよ、何ゆえあなたは、『わが道は主に隠れている』というのか。イスラエルよ、何ゆえあなたは、『わが訴えはわが神に顧みられない』と言うのか。
 あなたは知らなかったのか、あなたは聞かなかったのか。主はとこしえの神、地の果ての創造者であって、弱ることなく、また疲れることなく、その知恵は測りがたい。
 弱った者には力を与え、勢いのない者には強さを増し加えられる。年若い者も弱り、かつ疲れ、壮年の者も疲れ果てて倒れる。
 しかし、主を待ち望む者は新たなる力を得、わしのように翼をはって、昇ることが出来る。走っても疲れることなく、歩いても弱ることはない」<旧約聖書:イザヤ書40章:2731

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
光であるイエス・キリスト

 今日はクリスマス・イブになりました。クリスマスが来ると、もう今年も残り少なくなったことを改めて思います。僕の記憶に残るクリスマスは、まだ小学校にも通っていなかったた頃であると思います。朝起きてみると、枕元に赤い長靴の中にお菓子の詰まったものが置いてありました。まだその頃の僕は、クリスマスと言うものが何であるかを理解してはいなかったと思います。

1225日がイエス・キリストの誕生日であると言う証拠はありません。教会は、教会の伝統として1225日をクリスマスと定めています。因みに、クリスマスほどの華やかさはありませんが、キリスト教で最も重要視される行事は復活祭です。

 

 

 新約聖書は、マルコによる福音書を除いて、イエス・キリストの誕生の記事を記しています。その中でもヨハネによる福音書に記された記事は、他の福音書とは異色の表現をしています。「初めに、言(ことば)があった。言は神と共にあった。言は神であった。この方は、初めに神とともにおられた。」このように記されています。「言のうちに命があった。命は人間を照らす光であった。光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。」と続きます。言はギリシャ語でロゴスと言います。ロゴスとは、イエス・キリストを意味します。言と言う箇所をイエス・キリストと読み替えると理解しやすくなります。

 

 この世を照らす真の光としてこの世に来られたイエス・キリストを暗闇であるこの世は理解しなかったのです。暗闇の中では悪がはびこります。この暗闇の中に光であるイエス・キリストが来られ暗闇を照らし出されたのです。イエス・キリストをこの世に遣わされたのは、神の人類への愛の故です。「神はその独り子をお与えになるほどに、世を愛された。独り子を信じる者一人も滅びないで永遠の命を得るためである。」とヨハネは記しています。

 イエス・キリストを世の光として受け入れ、神の測り知ることの出来ない人類への愛に応えて生きることが僕たちに与えられた使命であると思います。

 

 真の光であるイエス・キリストに触れる時、神の愛の奥深さを知ることになります。クリスマス・イブの今夜、そしてクリスマスの明日、教会を訪ねてみてください。

| comments(0) | trackbacks(0) | 書斎から |
<< | 2/39PAGES | >>